無責任トーク

アラサーOLの備忘録。ただただ好きなものについて語る。

K-POPが嫌いだった私がはまり始めた理由①SHINeeジョンヒョンの音楽

  K-POPのブームは、東方神起・BIGBANG・少女時代・KARAといったグループが爆発的な人気で2010年頃のまだ学生だったころに巻き起こった。「歌がうまい」「踊りがうまい」 とはいえ、男女ともに見慣れぬ奇抜なヘアスタイルに濃いアイメイク、なにやら騒がしい音楽・・・みんなで騒ごーいぇーい!なシーンのBGMにはもってこいな音楽を好んで聴かない私にとって、どんなに実力派でも、なんだかなぁといったかんじで、K-POPと聞くと顔が引きつるくらい好きではなかった。

BIGBANG - GARAGARA GO!!(ガラガラ GO!!) M/V - YouTube

 そのイメージをガラッと変えたのが、SHINeeだった。中でも影響が大きかったのは、昨年12月にこの世をさってしまった、ジョンヒョンだ。彼の作る音楽は、とてもアーティスティックで、私のK-POPへの価値観を変えてくれた。それはR&Bとダンスミュージックを融合させたような懐かしくも新しいサウンドで、あの騒がしさは何処へ??ポップとは言えない曲を国民的グループが歌っている、ましてや作曲していると知ったとき、いや、待て待て私の知っているK-POPではなーい!!となった。

 K-POPの外見的要素で毛嫌いする人の気持ちは大いにわかるし、(いまでも見慣れぬ外見に驚く)しかしそれを超えると、あれ?すごくいい!!聴かず嫌いの自分に気付いたのであります!!

全てのきっかけとなったのがこの曲。

www.youtube.com

 

 

imuyu.hatenablog.com

 

 

imuyu.hatenablog.com