uyuログ

ただただ好きなものについて考えたことの備忘録。主に音楽。

廃刊した本を復刊させてしまうBTS

4月12日にカムバックが決まったBTSのニューアルバムのタイトルはPERSONAと発表があった。

 

どんどんファンが予想していくなか、所属事務所のBighitの公式サイトでも販売されているユングの「心の地図」の日本語版の本は廃刊になっていることがわかった。

ファンのツイッターアカウントの中でも知識豊富でフォロワー数の多いアカウントの人々が、この本を探しているとツイート、その後大勢のファンが出版社の青土社に連絡を取ったからなのか、出版社が復刊を決定し、なんと新装版の予約販売が決まった。

本が売れないご時世に廃刊になった本が復刊されること、とんでもないことだ!!!影響力があるとはよく言ったものだが、こういった形で現実になるとは…やはりBTSは只者ではない。

アイドルが発信しているものを理解しようとする中で、ユングの本を読むなんてこれまでのアイドル史であっただろうか?

哲学や心理学的アプローチがもう!すごい!こりゃ大学の講義よりもスッと入ってきそうだ。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4791771583/ref=dp_ob_neva_mobile

↑ここから予約購入可能

 

 

BTS メンバー別ファンの特徴をなぜかラーメンに例えた

これは私の独断と偏見により書かせてもらうし、当てはまらない人もたくさんいると思うが、ここ数年でみてきた、特徴をかかせてもらう。

 

JINペンの特徴

おとなしそうな子が多い。良い妻になりそうな子が多い。

わりとSUGAペンからながれていたりする。(SUGAとSURANの件以降)

本人からはあまりギャグとかは発しないものの、結構ギャグ好きで全然関係のないおもしろツイートにいいねしていたりする。ラーメンでたとえるなら、塩ラーメン。

 

SUGAペンの特徴

重いwwwwとにかく魔法にかけられてミンユンギの世界にとりつかれているといっていいほど、執着がある。がちで恋をしているw圧倒的猫派。10代の子はかわいい子が多いイメージ。ジャニオタからたどり着いている人が多い。おとなしそうに見えて、結構強烈に声がでかかったり、キャラクター濃いめ。濃厚とんこつラーメン。

 

RMペンの特徴

韓国人はなぜかものすごく美人が多い。ナムのマスターさんは特に美人。

日本人は割と地味めで落ち着いていて賢そうな子が多い。納得!っていうパターンが多い。(ナムペンと言いたい人生だった)醤油ラーメン。

 

J-HOPEペン

ご本人と同じオーラの場合が多い。ほわほわみんな大好き~!の裏に別の顔あり・・・みたいな感じ。ジャニオタからながれていたりする。味噌ラーメン。

 

JIMINペン

脳内お花畑と言われているひとが多い。もう周りが見えないくらいJIMIN!となっているタイプとあーあざといね、やってるやってるくらい冷めているタイプの2タイプがいるが、みんなほわほわな手とダンスの時の神々しいお姿に悲鳴をあげる共通点あり。結構バンギャからこっちに来ている人が多い。好きな人がぴっちり分かれるタンタンメン。辛いやつ?無理。いや、私はいけるわみたいな人によって変わってくる感じ。

ちなみに欧米人の男性もジミンペンが多い。

 

Vペン

ものすごく美人で気が強めか地味めな不思議ちゃんの2タイプ。なかなかここもバンギャゾーン。ちょっと他とは違うわよ、な、つけめんタイプ。

 

Jungkookペン

かわいい子がダントツで多い。グクを本気で狙っているね?という感じの露出度でコンサートにやってきている気がする時がある気がする・・・・・・

多分本人が思っているよりもコンサート中目立っちゃっているよ。といった具合にハッスルしている。

がっつりがっつり!チャーシュウ麺

 

 

 

 

BTS V キムテヒョンというひとについて

最近やたらと不思議に思うのはテテという存在について。

 

テテとばれるキムテヒョンくん、通称Vくんは、まるで生きる球体人形のような美貌の持ち主である。

 

動きが可愛すぎて身長100センチの子どものように見えるときもあるが、178センチの大人である。

ソウルメイトのパクジミン という人もいたり、ドラマ花郎に出演したことをきっかけに、パクソジュン、パクボゴムといった俳優にお友達も多い。

 

f:id:imuyu:20190308001027p:image

 

たまたまスクリーンショットをした横顔が美しすぎた。右から2番目がテテである。

 

ビジュアル系ロックバンドにいてもおかしくないそっち路線の美しさを持っているわりに、ほわほわした言動の不思議さと靴をしっかりはかないなどの足グセの悪さで少年らしいかわいさも持ち合わせるという…なんともバランスよく育ったなあという印象。

 

テテ語とは、テテが生み出した謎の言葉で、「ボラへ」というテテ語はもはや世界レベルのものになっている。韓国語で「紫しよう」という意味、英語では「I purple you」といわれている。日本語では「紫するよ」という使われ方をしている。

どういう意味かというと…虹の7色の最後の色が紫で、紫は相手を信じて永遠に愛し合おうという意味があるというテテの解釈により生まれた、テテ語なのである。なんのこっちゃわからないのだけど、とてもドラマチック、ロマンティックである。

 

ところで、人間って左右対称に整った顔を良いと思うらしい。山崎賢人くんなんかすごくシンメトリー界のプリンスって感じ。

 

f:id:imuyu:20190308014900j:image

写真半分に折り曲げて透かしたら完全に一致しそうなくらい目元が左右対称に見えますね???

 

なぜシンメトリーがイケメンに見えるかというと、遺伝子に異常がないほうが子孫を残す時に、生存率が上がるから、シンメトリーの顔は遺伝子異常が少ない!!この人との子のを産みたい!!ということを本能的に感じて、子を産みたい人=シンメトリー=イケメンという式が成り立っているらしいのです。

 

ところがどっこい、ご存知でしょうか、Vことキムテヒョンくん、イケメンイケメンいわれてますし、ファンがお金積んだから一位説もありますが、世界で最もイケメンナンバーワンに輝いたことのある美しさの持ち主。そう、とても美形なのに、目元をよく見てください。 

 

f:id:imuyu:20190308003027j:image

よーく見てください。

f:id:imuyu:20190308003031j:image

はい。

 

左右非対称、アシンメトリーですね。そうです。

全ては偶然じゃないんですね。

イケメン=シンメトリーの概念をぶち壊してもなおイケメン。

 

やはり球体人形なのかもしれません。

 

いや、人間です。

不思議なもんです。

 

ついにでた!スメラルドブック~花様年華~

 

imuyu.hatenablog.com

 

↑過去の記事で少々書いた花様年華のアルバム以降のMVからストーリーになっている点、すごく気にっていながらも、あーもー難しい!となって、正直仕事の合間にいろいろ予測する気にもならなかったから、わかる人お酒一杯奢るから教えてくれと思っていたところ、やっと公式のストーリーが明らかになった。(正確には、なってきている・・・。)

 

書籍化と漫画化されており、LINEマンガで毎週更新のものが無料で読むことができる。

ありがとう、ありがとう無料。公式のストーリー待っていました!

過去のMVからかなりヘビーな暗い内容のものが予想される。

韓国のドラマもそうだが、やはり人の共感を生む感情は「悲しみ」らしい。

その点をカバーしていて、アイドル=歌って踊るイケメン=楽しい!癒し!

という感情だけではなく、アイドルが俳優として参加している長編映画を見ているようないつもと違う感情になり、そういった世界観をもブランディングにも使用しているのだ。

ああすばらしい!新しい!

ストーリーの全貌があった後、MVで答え合わせ・・・楽しみだ!

 

どんどん乗り遅れていく日本の素晴らしいJ-POPたち

昨年の紅白歌合戦を機会に、「やっぱり日本の音楽っていいな。」とつくづく思った。しかしながら、最新の音楽がアップルミュージックにない。なぜかわからないが、アップルは私に八代亜紀を勧めてくる。八代最高。

 

星野源・米津玄師あたりはいくら探してもスポティファイ・アップルミュージックに音源はない。彼らの音楽を守るためか、CDを作る業者を守るためか何だか知らないが、とりあえずない。今時、iTunesで音源を買っている人は少ないはずだ。となるとYoutubeになる。でも、音楽が好きな人はYoutubeで音楽はあまり聴かないはずだ。

なんかかっこよかったけど、音源ないし、動画一回見ておーーわりっ!っていうのが、私だ。札束を振りまいて歩けるほどのお金があれば、もちろん音源は買うと思うが、さすがにそういう訳にもいかない。

 

こんな勿体ない消費のされ方があるだろうか。

日本はCDの売り上げが世界で一位ときいたが、それはあの大量生産され、卒業という名の消費をされていくアイドルたちと握手するための「チケット」としての売り上げだろう。

 

日本の音楽業界はいつ変革期がくるのか?

せっかくオリジナリティを推してる日本の音楽なのに、勿体ないなぁ。

でも、それでいいと意地を張るのかな。。。

 

 

 

ロックスターはクズ野郎と思っている私がボヘミアンラプソディーを観てきた

ロックスターを題材にした映画は酒と薬と女に溺れるクズ野郎の音楽をいいと思ってしまう自分にすら、羞恥心を超えて憤りすらを覚えるので、ものすごく苦手である。

なんでこんなクズの人が人々を魅了するんだろう・・・ま、かっこいいから・・・しかたないか・・・・くそぉぉぉぉとなるのだ。

 

ある程度の覚悟を決めて、観に行ったのだが、裏切られた。

 

私は感情移入がすぐできるタイプの人間なので、憂鬱な映画を観るともらい鬱になってしまう。既にフレディーマーキュリーはゲイだけど、生涯愛した女性がいたという何とも複雑な人生を知っていたがために、もらい鬱になる準備もある程度できていた。

 

が、しかし

 

映画を観終わったあとの率直な感想は「QUEEN大好きーーー!!!」であった。

 

人種差別、宗教的問題、性的マイノリティ、エイズ・・・・こんなにもつらいことを味わった人の人生を描いたとは思えないくらい、家族愛・友情とハートウォーミングな部分が多かった上に、多くは語らない映像で魅せるタイプの映画でとても好感を持てた。

 

歌声をそのまま使用した点や、歯のデフォルメが過ぎる点、気になったところはあるけれど、面白かった。

 

また、みたい!とはならないが、一回で満足できる映画だった!

 

ただ、1つ指摘するならばクイーンの楽曲の秘話は全くと言っていいほど、明らかになっていない。謎のメッセージ性のある、ボヘミアンラプソディーなんてみーんな何これ?と感じていただろう。ママ〜ジャス(ト)キルダマーン♪ってなんで殺した?スカラムーシュガリレオフィガロ?マグニフィコ?ここのあたりの回収はなにもおこなわれない映画であった。

あの楽曲の秘話が!みたいなトレイラーだったような?

 

でもまあ、よかったと思う!

LYS TOUR 京セラ最終日 RMの涙

ツアーのことを書く前に・・・・

このブログを休んでいる間、本当にいろんなことがあって、すっかりBTSは有名になってしまった。

BTS反日というのはK-popファンの間では周知の事実というのも昔からあるが、徐々にそのイメージを変えてきていたところにTシャツの問題が出てきてしまった。

ジミンのTシャツの件は、日本で活動しているグループとしてBigHit側にも落ち度があったと思うけれど、歴史認識についてどんな立場れあろうと個人の自由だと思った。

ジミンに故意的な部分がないと私個人は思っているけれど、韓国での立場があるので、あまり声を大にして謝罪は言えないこともわかっていたが、今回BigHitが謝罪文を公表したことは大きな意味を持ったと思う。謝罪文をだしたあと、韓国人のファンが何で謝るの?というコメントをしているのを目にして凄く驚いたけど、それが現状であって、そういうことを知るきっかけになり、勉強になった。謝罪がちょっと遅かったということもあったけれど、日本人のファンとしてはとってもありがたかった。

今回の件で、中高生に限らず日本人が韓国との歴史について勉強するいいきっかけになったと思う。やはり、学校では教えてくれない部分の歴史を学んでどう思うかは個人の自由だけど、私個人としては世界中の人と仲良くしたいし、過去のことでもめるのは現代人としてはとても厄介で二度と同じ失敗はしてはいけなくて、戦争は本当に良くないとまで思った。

 

と、話が膨らみすぎたところでツアーの話・・・。

 

RMが年内日本公演最終日に涙を流した。きっと今回の騒動の重大さを一番重く受け止めたのは、彼なんではないかな。と思った。

ジミンも一時は活動休止を考えたそうだが、RMがそれを止めたともきいた。あまり話題になっていないが、RMの涙ってすごく珍しい。いつも冷静な彼が泣くって相当の思いがあったのだなと。自分のことを愛するきっかけをくれたツアーです、というようなことをいって泣いていたけど、今回の騒動とツアーのことと、キャパシティーオーバーしたと思う。誰だってバッシングを受けることは辛いが、日本での活動ができないという事態、いまだかつてなかったと思う。

能天気なファンはジミンかわいいとかリーダーなんでないてるの?なんて言っているけど、今回の騒動思っている以上に事が重大だっただけに、メンバーもファンもお互いかなり疲れた。

これでBTSと日本ARMYの距離は縮まったようにも思うが、なんだかメンバー全員やつれていて(国際情勢揺るがしかけたのでそりゃそうかってな感じだが)Love YOURSELFしてねと思った。

 

肝心のコンサート内容だが、ジミン・ジンの歌唱力のスキルアップに驚いた。WINGSのときより生歌の比率もアップしたように思うし、其々のソロもレベルアップしていた。ネタバレになるが、VCRが毎回かっこいいミステリアス系だったものから、かわいい系もあって、とてもよかった。

 

今回の騒動から事務所はもっと配慮のあるブレインを置くべきだと思った。彼らを傷つけるのは簡単でそれを守れるのは彼らをコントロールしている事務所なのだから、弟分もできることだし、もっとしっかりしてもらわないと!!!

 

次の来日はMAMA、そして年明けに名古屋・福岡公演がある。どうか無事におわって、メンバーみんながぐっすり眠れて、平和に過ごせますように。