無責任音楽評論

アラサーOLの備忘録。ただただ好きなものについて語る。主にK-POPをアイドルオタクとは別方面から話したい!!

ネオソウルがK-POPに!?全然POPSではないK-POP事情

 中高生のころ好きだったのは、BLACK EYED PEAS,BEYONCEといった王道アメリカ人アーティスト。大学では様々な国のアーティストを聞く中でネオソウルというジャンルにドはまりした。ネオソウルを代表するアーティストはD’Angelo,Erykah Baduソウルミュージック・ジャズ・ヒップホップなどから影響を受けたネオ(新しい)音楽だと解釈する。近頃のK-POPをきいていて感じたのは、どんどん進化していくというころで、ついにネオソウルな曲がK-POPに現れた。BTSのWINGSアルバムのStigmaというVのソロ曲がネオソウル!というかんじ。

www.youtube.com

いやいや音楽より映像気になっちゃう。。。そんなトレイラー 

 

 BTSの何にはまったかというと、歌詞、パフォーマンス、キャラクター性で、花様年華以降、(その前はかなりド直球なHIPHOPR&Bでとーってもいいのはまた別の記事で書きます。いや書かせてください!w)時代の流行りに沿った音楽を作っている印象。

 キャッチーだなぁジミンいい声だな、血汗涙は曲はレゲエなのに西洋画のような衣装とメイクがしっくりくるなんて。など、音楽的にハマるというよりは、総合的にハマっていた。でも2018年5月に発売された、Love yourself 轉 Tearに収録されている"134340"という曲。ボサノバのようなフルートとラップ、ふんわりした歌声、とってもネオ!イントロをきいて、これがアイドルの曲だと思うだろうか??どうしても、featureするアーティストが「パリピ」なアーティストという点は、あまり好みではないのだが、一曲目のSingularityはJorja smithのProject 11のPD、Charlie J. Perryが携わったときいて、えええええ?アイドルの楽曲に関する情報にJorja SmithのPD??もう情報処理できません状態になった。今やBTSはBIGBANGを抜くかなりのビッグネームになったので、今後も様々なアーティスト、PDとのコラボも楽しみだ。

 ずっと同じようなPOPなEDMをつくるのではなく、時代と共に変化するのがK-POP。またこれは新大久保で発掘したのがiKON。実力派で、ラップスキル・プロデューススキルのあるBOBBYがいるグループ。彼らのyoutube再生回数で話題になった曲、"Love scenario"はスローなテンポのネオ!なサウンドになっている。このEPの曲はすべてかっこいい曲だ。恐らく、グループ問わず聞いてみるともっと新しいサウンドがあるのではないかなと思っている。

 深いぞ、K-POP、深すぎる!!!いやもはや全然POPSではないので、総称をK-POPではなくす必要があるんではないか??

www.youtube.com

韓国の音楽業界の発展

 

 時代に沿った音楽を生み出すのは音楽の作り手として、意識していることなのか無意識にそうなったのかはわからないが、K-popはそのトレンドをがっちりキャッチしている。世界的音楽トレンドを消化して、自分たちの音楽に落とし込むのが非常に上手で、SNSでの拡散もどういうわけかものすごく上手い。韓国国内の人口の少なさを逆手に取り、世界に向けて発信していた結果、凄いスピードで発展している。「アイドル音楽=ちょっとださくて親しみのあるもの」という概念が韓国にはないように思う。(その親しみやすさは衣装でだしているのかなとも思うが。)下記記事の統計をみてもなかなか面白い。

「韓流」はなぜ世界に広がったのか|エンタメ!|NIKKEI STYLE

 

 小学生のころ、アメリカンミュージックアワードをTVでみて、「こーんなかっこいいものを創り出すアメリカかっこいい、アメリカすっごーい」と感じた。いまでも印象に残っているステージは、OUTKASTのHEY YAのステージだ、パキッとした色味の衣装でベッドからアーティストが出てきた演出には心が躍った。当時からスケールの大きさに、毎年オリンピックの開会式やってるな、おい。といった具合に驚いた。グラミーなどの演出はもちろんのこと、アメフトのハーフタイムショーの演出は、毎年見ものだ。あれ程の演出のスケールの大きさはきっとアメリカ人にしかできない、舞台芸術なのだなと思っていた。しかしながら、韓国の年末の音楽番組の演出のスケールの大きさはアメリカの創り出すものに匹敵するといっても過言ではない。超多忙なアイドル達がグループをこえて一言も歌わず、愛嬌もふりまかず、ひたすら真剣に踊るステージは、演出にもクオリティにもさすがに驚いた。(2:00ごろから踊りだす・・・BTSジミン、TWICEミナ、モモらが踊っている)

 

www.youtube.com

これは、お金かかってるなーと度肝を抜かれるほど、豪華な舞台装置、演出、そして1組にたっぷり与えられた時間。如何に韓国の音楽界が発展しているかが伺える。それが一つの放送局だけではなく、複数の放送局で放送されている。また、こういった放送局はYouTubeでもライブ映像を公開している。

本当にYouTubeの使い方がアジアで一番うまい国だと私は思っていて、ドンドン配信することで、番組にもファンがついている。そして、こうした番組の音楽祭を香港などの他国で行ったりもしている。FNS歌謡祭が他国で盛り上がっているようなイメージだろうか・・・すごい勢いで普及するK-POPおそろしや!

コンサートをするドームがついこの前までなかった国とは想像できないほどの熱量だ。

www.youtube.com

 

K-POPが嫌いだった私がはまり始めた理由③BTS ジミン

 

imuyu.hatenablog.com

 

 

imuyu.hatenablog.com

 

 学生時代から韓国料理が好きで月に1回くらいのペースで新大久保に行っていた。食事の際、友人2人と店内で流れていたMVに釘付けになってしまった。「なんか…なんか見ちゃうね~」と言いながら、無心でごはんを食べつつBTS防弾少年団)のNot TodayのMVにみいった。

 何が言いたいのか、何故なのかよくわからないけど、とりあえずメンバーは敵と闘っていたwww映画並みのスケールで、どこからどこまでがCGなのかいまいちわからないし、振付がこれまでとは違うスピード感のある男気溢れる振付で、兎も角目を引いた。涼しい顔して、、少々退屈なアイドルダンスを踊るのがアイドルというイメージとは違って、難解なステップや緩急のある振付と険しい表情。なんだかミュージカルを見ているような気持にもなってしまった。

www.youtube.com

このMVを見て帰った日に気になってもう一度このMVをみていたら、このピンクの髪の子めちゃめちゃ踊りがうまくないか?ということに気づいた。ほかの曲も気になり、見進める中でこのMVをみて完全にハマってしまった。

www.youtube.com

ピンクの髪の子…いないじゃん!でも一番初めの子の表現力が素晴らしい、踊りの体の通り道がとっても美しい…(後にそれが同一人物と知る。)で、よーく見ると数名おや?となる踊り方の子がいるけれど、この振り付けについていっているだけすごい。いや、まして足場の悪い砂浜でこのステップはすごい。。。いや待てよ、ピンクヘアどの子よ…と検索して、ようやくJIMINという存在を知った。

 

JIMIN(本名:パクジミン)

釜山芸術高等学校舞踊科に主席入学したのちに教師からの薦めでビックヒットのオーディションを受け合格

防弾少年団 - Wikipedia

 

 とダンスの道からやってきたらしい…うん、そうでしょうね…しかも正統派の方だよね。みせ方が一人だけ違うね。と、わかった気になってしまったが、この男、どんなジャンルもやってのける。美しく姿勢よくモダンバレエのような振付から、腰を低く落とすHIPHOPの振付全て、完璧に踊り切る。つま先や手先の向きにも配慮が行き届いていて、たぶん360度どこから見てもきれいな動きになっているように思う。

 そして、私は気づいた、この男いいのは踊りだけではない、歌声もとてもいいということに!!(おぉーーーーー)おそらくファルセットよりのミックスボイスででキーが高く中性的でありながら、アイドルがよくやるしゃくりあげる⤴ような歌い方はあまりしない。聞いたことの無いタイプのちょっと弱そうなモチっとした独特な声質できゅんとくる。(は?)

 ライブ映像をみると他のメンバーや他グループに比べ音程が外れやすいが、もうあんなにハードな踊りで彼の発声法なら仕方ないと私は思う。JIMINの歌声や踊りが見たくて、どんどんMVや音楽番組の動画にはまり、K-POP沼から抜け出せなくなったのだ。

K-POPが嫌いだった私がはまり始めた理由②SHINee

 

imuyu.hatenablog.com

 

 SHINeeの曲を聴きはじめたら、韓国のみで発売されている曲のほとんどが、これもいいあれもいい全部いい、ああ抜け出せないの沼状態に陥った。(なぜか日本版のアルバムに収録される曲は私の心に響かないものが多い…)その魅力とはなんだろう・・・

 SHINeeの音楽は、メンバーの歌唱力重視で2016年以降は日本のオタクうけしなさそうなダンスミュージックのような曲調のものが多い。歌唱力のジョンヒョン、表現力のオニュ、ジョンヒョン寄りのキー、オニュ寄りのテミン、ラップのミンホというように五人のバランスはとてもよい。

 なかでもリーダーオニュ(オンユ)の哀愁漂う歌声に心をがっちりつかまれた。オニュの歌声には哀愁がありながらも温かく、表現力に溢れている。声に倍音の厚みがありながらも柔らかく、湿度温度共に快適な部屋にいるようなリラックスできる歌声(食レポか!)音源でも彼の魅力は十分わかるが、生歌もとってもいいのである。

 

赤い短パンの男がそのオンユである!それにしても、なんだろうこの衣装のテイストは・・・

www.youtube.com

 

そして、先日ジョンヒョンがなくなってから初のカムバックがはじまった。新曲についての記事で、すべてのメンバーにジョンヒョンが残したものがこの曲に反映されていると書いてあり、歌声もどこか進化したように感じられた(特にマンネ)

www.youtube.com

SHINeeのアイドル要素よりアーティスト要素の強い音楽性はとても魅力的で、小さいころから練習に励み、デビューから10年でも頑張り続ける彼らは永遠に推せる!

 

 

imuyu.hatenablog.com

 

K-POPが嫌いだった私がはまり始めた理由①SHINeeジョンヒョンの音楽

  K-POPのブームは、東方神起・BIGBANG・少女時代・KARAといったグループが爆発的な人気で2010年頃のまだ学生だったころに巻き起こった。「歌がうまい」「踊りがうまい」 とはいえ、男女ともに見慣れぬ奇抜なヘアスタイルに濃いアイメイク、なにやら騒がしい音楽・・・みんなで騒ごーいぇーい!なシーンのBGMにはもってこいな音楽を好んで聴かない私にとって、どんなに実力派でも、なんだかなぁといったかんじで、K-POPと聞くと顔が引きつるくらい好きではなかった。

BIGBANG - GARAGARA GO!!(ガラガラ GO!!) M/V - YouTube

 そのイメージをガラッと変えたのが、SHINeeだった。昨年12月にメンバーの一人

この世をさってしまった、ジョンヒョンの作る音楽は、とてもアーティスティックで、私のK-POPへの価値観をガラリと変えてくれた。それはR&Bとダンスミュージックを融合させたような懐かしくも新しいサウンドで、あの騒がしさは何処へ??ポップとは言えない曲を国民的グループが歌っている、ましてや作曲していると知ったとき、待て待て私の知っているK-POPではなーい!!となった。

 K-POPの外見的要素で毛嫌いする人の気持ちは大いにわかるし、(いまでも見慣れぬ外見に驚く)しかしそれを超えると、あれ?すごくいい!!聴かず嫌いの自分に気付いたのであります!!

そのきっかけとなったのがこの曲。

www.youtube.com

 

 

imuyu.hatenablog.com

 

 

imuyu.hatenablog.com