備忘録

ただただ好きなものについて考えたことの備忘録。主に音楽。

アイドルだけじゃない熱すぎる!韓国のアーティスト②

YoutubeやAppleMusic,Spotifyを駆使するとどんどん新しいアーティストに出会える。

なんて楽しい時代なんだ!とはいえ、アウトプットしないとアーティスト名や曲名を思い出せなくなるタイプの人間なので、ここに書いていく。

 

 

LOCO

かわいい


[MV] Loco(로꼬) _ Too Much(지나쳐) (Feat. DEAN)

Zion.T


[MV] Zion.T _ Eat(꺼내 먹어요)

ZICO


지코 (ZICO) - SoulMate (Feat. 아이유) Official Music Video

Geako


헤이즈 (Heize) - Jenga (Feat. Gaeko) MV

HEIZE


헤이즈 (Heize) - And July (Feat. DEAN, DJ Friz) MV

Ugly DUCK


Ugly Duck, DJ Wegun - 누워서 떡 먹기 (Feat. 인크레더블)

Reddy


Reddy, Sway D, Paloalto, YunB, G2, Huckleberry P & Camo Starr - Break Bread [Official Video]

オタクが言う「尊い」の意味がわかった日

SHINeeを好きになってもう一年がたち、初めてSHINeeのコンサートに行ったのは、2017年9月。オニュが不祥事で来日しなかったときだ。新参者の私は1度も5人のステージを見ることができなかったな、なんだかこのままSHINeeを好きって言っていいのかな、なんて2月のジョン君が亡くなった後のコンサートに行ったとき考えさせられた。

 

オニュの歌声がものすごく好きだったけど、はじめて生でオニュの声が聞けたのは、2月のドームコン。彼自身2月はまだ気持ちの整理がついていないのにステージに立たせられて抜け殻という感じがしてならなかった。たぶんあの会場にいた誰もがそうだったから、メンバーは何倍もそうだったはず。

 

それから5ヵ月後、7月に行われた、オニュが兵役に行く前の最後の来日と思われるファンミーティング(ほぼコンサート)に行った。あの時と比べ物にならないくらい、オニュは別人のようになっていて、気持ちがすべて歌にすぱーんと入っている感じがした。ジョンくんの分も4人で頑張ると言わんばかりのステージに涙が出そうになり、ここ一番のオニュの歌声を聴いて、オニュよ、この世に生まれて歌をうたう職についてくれてありがとう。SHINeeも契約継続してくれてありがとう。オニュの歌声がこれからもきけます、ありがとう。オニュありがとう、SHINeeありがとうという気持ちになった。

あれ?これはもしや尊い?!尊いのかぁぁとなったのであった。

アイドルだけじゃない熱すぎる!韓国のアーティスト①

K-POPアイドルにハマって以降、このクオリティのアイドルがいたら、アーティストってとんでも無いことになってるんじゃないか?と、ふと思った。

やはり、そうだった!英語の発音はもはやネイティヴ、世界に向けて音楽を作っているアーティストが多い!ああ、熱すぎる!!

 

 

DEAN

Youtubeのcolorsというチャンネルで知ったアーティスト。Colorsは新人アーティストが沢山出ているが、アジア人の出演は確認した限り、DEANのみ。また、the internet のsydeとのデュオはとても爽やかなサウンドで、はまることまちがいなし。

 


DEAN - love | A COLORS SHOW

love (feat. Syd)

love (feat. Syd)

  • DEAN
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

dprLIVE

ネットサーフィンの末辿り着いたアーティスト。癖のない声と爽やかなヒップホップは万人ウケするはず!


DPR LIVE - Text Me (OFFICIAL M/V)

Martini Blue

Martini Blue

  • provided courtesy of iTunes

 

HYUKOH

このバンドはサチモス歓喜!となった時代にサチモスのCDのとなりにあって、視聴して即買いしたアーティスト。声からは想像できない見た目で、なんともクロマティ高校を彷彿とさせる風貌のメンバー。私がいま最も注目しているバンド!!


[MV] hyukoh(혁오) _ Comes And Goes(와리가리)

Citizen Kane

Citizen Kane

  • provided courtesy of iTunes

 

SURAN

曲によって、声や表情が変わるカメレオン的な部分を持っているアーティスト。Featuringで重宝されているイメージが強い。SUGAから楽曲提供されたことで熱愛?なんて噂もでたりした!スローテンポよりもアップテンポのイメージのほうが好き!


[MV] SURAN(수란) _ 1+1=0 (Feat. DEAN)

오늘 취하면 Wine (feat. 창모)

오늘 취하면 Wine (feat. 창모)

  • provided courtesy of iTunes

 

Stella Jang

新大久保で流れていた曲で好きになったアーティスト。かわいい。衣装もかわいい。歌声もかわいい。フランスに音楽留学していたとか?いろんな機械を使ってサンプリングしたり、彼女の世界観溢れるLIVEも生で見てみたい!!!オーストラリアのLENKAを彷彿とさせるアーティスト色のつよいシンガーソングライター。


스텔라장 (Stella Jang) - Alright MV

Colors

Colors

  • STELLA JANG
  • K-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 


[스텔라장] Ed Sheeran - 'Shape Of You' (Cover by Stella Jang) Full Ver.

声質良すぎる選手権 韓国大会

やさしく哀愁のある唯一無二な声質の歌手が大好きな私の脳内美声選手権大会を文字におこそうと思う。韓国人はやたらといい声の歌手が多すぎて選ぶのが大変だが、個人的趣味でここ最近のひとを声質に特化した人選で行う。

出場歌手は下記の通り。

※下記の中で実際に生歌を聴いたことがないのはJU-NEのみ。

 

 

 

 SHINee ONEW

オニュの公式のソロ動画が見当たらず、一番最近のオニュの声のレベルアップを感じた曲。優しさと憂いと息のスピード感といい、本当に素晴らしい。ハモリは苦手だけど、メロディラインでは音をあまり外さないので星3つ。

伸び ★★★

ピッチ ★★★

 

youtu.be

SHINee 샤이니 Comeback Stage '데리러 가 (Good Evening)' KBS MUSIC BANK 2018.06.01 - YouTube

 

I Want You

I Want You

  • provided courtesy of iTunes

 


BTS JIMIN

LOVE YOURSELFシリーズの一曲目、ジェンダーレスエンジェルボイス。彼の鼻歌を聴くと一発でわかるとは思うが、ピッチがかなり狂うタイプなのに努力してちゃんと音が当たるようになってる子。そんなことあるの?ってくらい歌が上手くなっていっているので感動する。でもまだまだピッチを頑張ってほしいので星1つ。

伸び ★★★

ピッチ ★☆☆

 


BTS (방탄소년단) LOVE YOURSELF 承 Her 'Serendipity' Comeback Trailer

 

Lie

Lie

  • provided courtesy of iTunes

 


iKON JU-NE

生歌を聞いたことがないが、伸びる声というよりくもったかんじのいい声。あまり難しい音程の曲を聴いたことがないがピッチは悪くないと思う。生で聴いたことが無いので判断できないが、かなり好きな声。

 

 

youtu.be

 

RUBBER BAND -KR Ver.-

RUBBER BAND -KR Ver.-

  • provided courtesy of iTunes

 


HYUKOH OH HYUK

韓国バンドの中で1番好きなヒョゴのボーカル、オヒョク。ハスキーボイスで優しくなったり鋭くなったりする。まだデビューから四年しか経ってないのにこの完成度。声質もあるがもう少し伸びのある感じだとわたし好み。

伸び ★★☆

ピッチ ★★★


[HYUKOH - TOMBOY] KPOP TV Show | M COUNTDOWN 170511 EP.523

 

 

맛있는술

맛있는술

  • provided courtesy of iTunes

 

 

全員違う良さがあり、全員いい。みつを的な感想が率直に思い浮かぶ。

ただやはり、最近のオニュの歌声は苦難を乗り越えたからなのかものすごくいいものになっていて、ずば抜けて好きなので、今回は優勝とする。

定期的に脳内で開催しては更新されていくので、もしまた書きたくなったら、文字に起こそうかなぁ〜

ジミンペンが選ぶ これだけは聴いてほしい! BTS 7曲

ジミンペンの私が選ぶ、新旧とわずこれまでリリースされている中で歌声重視の7曲。

(7という数字はメンバー数から決めました)

ソロ曲は有無を言わさず聴いてほしいので除外。

振付等を理由に見てほしいと思う様な視覚的な魅力のものは除外。

全曲パクジミンの声質がいい雰囲気を醸し出しすぎていて、あらためて私はパクジミンが好きなんだなと気付かされた。

 

 

Save Me

パクジミンの哀愁で作り上げる世界から曲が展開していく。save you save youって歌いたいくらい助けてあげたいですね、はい。日本語バージョンは言葉がやわらかくてやさしい印象になっているので是非そちらも聴いてほしい。

www.youtube.com

 

Save ME

Save ME

  • provided courtesy of iTunes

 

Best of me

Chain smokersとの共同制作の楽曲。曲の冒頭のジミンのブレスの使い方と表現力で、声のみでも、まぶしいくらいの光が想像できる。

 

Best Of Me

Best Of Me

  • provided courtesy of iTunes

 

 

2!3! 

この曲を聴くと無条件で泣ける気がする。彼らは苦しくて辛い時代を乗り越えてきたよな、今でも我慢していることがあるよな、とか思っていたら、こちらを慰めてもくれる。「私の辛さなんてあなたがたの辛さに比べたら、お米粒程度です。」っておもうのにそんな私達にも手を差し伸べてくれる、なんてやさしい曲なの?サビ「大丈夫。1!2!3!数えて忘れよう」って、辛いことがもう二度と起こらないとは言えないけどっていいながらそう言われたら、そりゃもう、ね。

 

Lost

 ボーカルラインのみで構成されている楽曲だが、人生迷ったらこれをききたい。グクのやさしく伸びるフェイクとメロディーとジミンのキュートなエンジェルボイスと、ジンのすぱーんとくる強い声と、てての包むような倍音をお楽しみいただけますです。

Lost

Lost

  • provided courtesy of iTunes

 

No More Dreams 

デビュー曲。ゴリゴリの中2病みたいなかんじではあるが、私はこういう強気な曲が好きだ。ジミンの腹筋がん見せダンスも見ものだが、ジミンがヒョンたちの背中の上をダッシュするあとにタッカーーい音で叫ぶのはとっても印象的!こういうゴリゴリな曲でもジミンの声質が31のアイスで言うところのキャラメルリボンのキャラメル的役割を果たしているので、ご査収ください。

NO MORE DREAM

NO MORE DREAM

  • provided courtesy of iTunes

 

www.youtube.com

 

MIC DROP

90年代後半~00年代HIPHOPを思わせる音色・曲調で、かなりかっこいい。マイクドロップはオバマ大統領の最後の演説でのパフォーマンスでも話題になったが、旬なそれを取り入れてしまうあたりもよい!スティーブアオキとラッパーのDesiignerとのコラボも話題。Desiignerの部分がよすぎて一曲まるまるお願いしたい説があるけど、BTS好きなのでそれは幻想ということで。ジミンの声がこの曲ではシュワシュワしています、ご査収ください。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

Spring day

なんでこんなに儚いんだろうパクジミン。セウォル号のことをうたったとかいわているが、そうでなかったとしてもこの曲は神曲だと思います。

www.youtube.com

 

~番外編~ 땡

サウンドクラウドでしか音源化されていないが、今年のデビュー5周年のイベントで公表されたラップラインだけの曲。癖になる!デェン!

soundcloud.com

ただのOLからSuchmosへの提案

 このブログがK-POPのブログみたいになってきているが、2016年の夏はタワレコでたまたま手に取って音源を聞いてびっくり!Suchmos最高!日本歓喜!くらいのSuchmosブームが到来していた。しかし、彼らの生演奏を聴いて、あまりにも音源とかけ離れたクオリティに落胆し、疎遠になってしまった。

人数が多く、音数の多いバンドに求められるのは正確な音だと思っていて、一人がぶれると全員狂う迷路入りする説が私の中で浮上している。Suchmosのメンバーの柱がベースとキーボードでこの二人はなかなかぶれないし魅力的だが、私が聞いたときは他のメンバーは安定感なしといったところだった。DJがいる以上、ドラムの正確さは肝心かなめなのにどうもずれてしまう。フロントマンのボーカルの音のはずしかた、英語の発音、音域で変わりすぎる発声方法にもう聞いていられない・・・と2年ほど前一瞬にしてサチモグルーブにいろんな意味でやられた。悲しかった。

 音がきっちりハマらなくても良さがでるバンドはたくさんあるが、Suchmosはそのバンド編成でないとなんとなく悟った。キーボードで音数が多いのにさらにDJ。仲良しグループで仲間外れはかわいそうだし、視覚的にインパクトはあるけれど、活かせないならDJ必要ある?という気持ちになってしまった。悲しい。

 また、彼らはジャミロクワイ好きというのが、曲のフレーズ・服装・タイトル等からわかる。”GIRL”のキーボードなんて”BLOW YOUR MIND”そのままのフレーズをつかったりしている。ジャミロクワイのバンド演奏を彼らは何度も見ているはずなのに、肝心な部分を見落としているような気がする。格好だけ真似ても、所詮真似。心は揺さぶられないということだ。スピリットを真似てほしい、音源を超える圧巻のステージングを真似てくれ。

 

 と、まぁ、散々ディスったようになってしまったが、音源がよくて好きなったが故に悲しかったことなのだ。だから「ヨンス音痴」、「全然盛り上がらない。」とか言われているSuchmosをワールドカップのハーフタイムで見た時は悲しすぎた。首にタオル巻いてフェスでもいっとけ!と思った。でもこういうやつらをギャフンと言わせたいじゃないか。オブラートに包んで言うと、こういうやつらが所詮そういうやつらであるなと、納得するためにSuchmosに私から提案がある。2つの提案。

 

 1つは、「練習」。練習練習鬼のような練習。ドラムとボーカルは休まずにやるべき、バンドでごはんを食べていく以上、真剣にひたすらに練習してほしい!レゲエ精神を大事にしてる感じなので、がちがちの練習は嫌いそうなイメージがあり、以前ラジオで「俺らはグルーブを大事にするんでクリック練はしません」てな感じのことをいっていた。お願いだからドラムよ、クリック練を、ガッチガチのクリック練をしてくれ、そのあとにグルーブ生まれるから安心してくれ。クリック練をしないような音楽と彼らの音楽ってジャンルが違うように思うし、そういう練習をせずとも魂の叫びみたいな音を奏でられる天才ではないことを今の時点でわかっているはずなので、意地を張らずにセッションではなく練習をきっちりやってほしい。あとボーカルは、本当に歌を習った方がいい。たまにクオリティーの低い井上陽水のものまね始まったのかと思うような歌い方をするし、英語の発音も上手ではないので、カタカナ英語の方が聴いていて心地が良いと思う。お願いだから代表曲のSTAY TUNEくらいは音を外さずに歌ってほしい。とにかくドラムとボーカルの二人がよくなれば演奏技術は底上げされる。

 

 2つ目の提案は、もう日本の音楽業界の異端児として、「グルーピー」みたいな女性集団を引き連れること。ちょっとHYUKOHという韓国のバンドがそれをにおわせつつあるんだが、Suchmosとグルーピーってとても相性がいいと思う。Suchmosはイケメン集団の音楽ということでSuchmos大好き!=イケメン大好き!みたいにいっている、アイドルオタクの延長線上にいるにわかファンを払拭できる一番手っ取り早いスタイルでもある。ROCKだなんだと言いながら、女性スキャンダルに怯えているようじゃ滝行をお勧めしたい。でもその女性のチョイスは微妙であってはならない。誰もがうらやむような魅力的な女性を引き連れるバンドになってもらいたい。そもそも歌詞があんなかんじなのに、ツアーお疲れみたいな写真に女性が数人しか映り込まなかったり、彼女をにおわせない商法?はバンドマンとして雰囲気に欠ける。

 

たくさんのいい音楽を聴いて育ったいい子たちだと思っているし、とってもいいバンドになり得るのに、いまいちパッとしないからそろそろ方向性を考えるべきだと勝手に思っている。これからも音源はちゃんと聞き続けます!


Suchmos - STAY TUNE [Official Music Video]

 

 

YMM

YMM

  • provided courtesy of iTunes

 

ヒットの要因?BTS ボーカルラインの歌声

 世界中の音楽トレンドとして、見受けられるのが、ゴリゴリの歌唱力ではなく、聴いていて飽きないメロディやスムースな歌声がここ数年はヒットしているように思う。

アラサーのわたしが中学生くらいの時は、クリスティーナアギレラビヨンセアリシアキーズなど、声量と声質に重量感ありのパンチの強いアーティストがヒットしていた。しかしながら、ここ最近ではその類のアーティストはブルーノマーズ一強といったところで、アリアナグランデ、ファレルウィリアムズ、テイラースウィフト、エドシーラン、どちらかというとライトな声量で柔らかに歌い上げるタイプの歌手がヒットしている。

 BTSもいまのヒットしているアーティストよりのバランスの歌声だ。ボーカルラインの4人の歌声は個性あふれる歌声で4人とも違った魅力がある。

JIN:地声で高音が出せて、声量があり音がすぱーん!とあたるスピード感のある息の使い方をしている。

JIMIN:ほかの記事で前述した通り、ファルセット寄りのミックスボイスでもちっとしてる歌声でブレスの使い方が自由自在。

V:低音倍音が魅力かと思いきや、ファルセットも得意。

JUNGKOOK:常にファルセットのようなライトな歌い方でピッチもよく、フェイクで音数を増やしたりするのが上手。

全員違った魅力があるが、総合的にライト且つハイトーンな歌声で、「歌唱力」という三文字はバンタンと結びつきにくいがそれこそが流行の歌声にマッチしているとおもう。